横文字ばかり使う人はうざい?やたら多用するビジネスカタカナ語や横文字一覧!

【北海道地震】札幌 停電断水 復旧 いつ


こんにちは。先日の米朝首脳会談でトランプ大統領の”本当のディールが行われるかどうか分かるだろう”という発言で、なぜディール(取引)を訳さないの?と思ったこはるです。

こはる

あなたは横文字を使いたがる方ですか?

日常的な会話の中で、意識していなくてもかなり多くの横文字を使っている私たち。

最近よく耳にする横文字だと”インフルエンサー”や、”コミット””ファクト””コミット”など…

いつの間にか新しい横文字が登場して、いつの間にか使っていることが多いです。

確かに横文字を使うと、なんか意識高い系というか…デキる風でかっこいい(笑)

でも、あまりにも横文字を多用していると周りには”自分はこんな難しい言葉を知ってるんだぜ〜!”というアピールだと勘違いされるかも…

横文字、ビジネス用語やカタカナばかり使いたがる人は周りから、うざいと思われているのかもしれません。

知らず知らずのうちに使っている横文字を含めて、カタカナのビジネス用語などに出てくる言葉について注目してみましょう!




横文字ばかり使う人はうざい?ビジネス用語やカタカナばかり連発する人の特徴や心理!

横文字ばかり使う人 ウザい

自分でも無意識のうちに使っている横文字ですが、話している相手がやたら横文字ばかり多用するとちょっと微妙な気持ちになりますよね(汗)

正直…横文字ばかり使う人はうざいと思われてる可能性が高いです。

横文字、ビジネス用語やカタカナばかり多用する人にはどんな特徴があるのでしょう?

どのような心理が、横文字を多用させているのでしょうか?

横文字、ビジネス用語やカタカナばかり多用する=能力が高いと思われたい?

横文字ばかり使う人 ウザい

横文字、ビジネス用語やカタカナばかり多用する人は、自分が能力の高い人間だと思われたいという心理があるようです。

相手に自分より下だと思われないようにするため、虚勢をはるんですね。

横文字を多用する人はネットや書籍などで得た新しい横文字を取ってつけたように話の中に盛り込みがちです。

しかし、その横文字の意味を本当にきちんと理解しているかは…不明です。

覚えたての新しい横文字を多用して、自分が賢くなったと錯覚しているのかもしれませんね。

相手に理解してもらおうと考えていない

横文字ばかり使う人 ウザい

本当に能力の高い人は、何かを話すときに誰にでもわかりやすい説明をすることができます。

相手の理解力に合わせて言葉を選んで、相手に理解してもらおうとするのです。

相手が全く言葉を理解していないのに、横文字ばかりを使うということは会話が一方通行になってしまいますよね?

横文字ばかり使う人は、自分が横文字を使って話すことにだけ満足して相手のことを考えていないのかもしれません。

横文字ばかりを使う人は、相手に理解してもらおうと考えていないという特徴があるといえます。

焦りや不安、自分にコンプレックスがある?

横文字ばかり使う人 ウザい

横文字に過剰に敏感な人は、自分に対するコンプレックスが強い傾向があるといえます。

自分が遅れをとりたくないという焦りや不安から、常に新しい横文字を使って”自分は大丈夫、取り残されてない”と思っているのかもしれません。

焦り不安、自分にコンプレックスがある人は、新しい横文字だけでなく常に最新のモノをリサーチしています。

例えばスマホなども最新機種を持っていたり、自分が常に周りよりも先に行っていると思いたいようですね。

日本語で言って欲しい!ビジネスカタカナ英語や横文字一覧!

横文字ばかり使う人 ウザ

最近では、社内での公用語が英語という企業も増えてきましたよね?

でもまだまだビジネスでは日本語をメインに会話しているという人がほとんどのはず。

そんなビジネス上のやりとりでも頻繁に登場する横文字。

正直日本語で言って欲しいな〜と思うシーンもありますよね(笑)

ちょっとウザイけど、知らないとは言えないビジネスで使われるカタカナの横文字をご紹介します。

あなたはいくつ意味がわかりますか?

ビジネスでよく使われる横文字

横文字ばかり使う人 ウザい

  • アジェンダ(予定表/行動計画)
  • イニシアチブ(主導権をにぎる。場を統率していく)
  • イノベーション(技術革新/経営革新)
  • インセンティブ(やる気を起こさせるための刺激)
  • エビデンス(証拠)
  • キャパシティ(収容能力、容量)
  • コンセンサス(合意/意見の一致)
  • サマリ(要約/まとめ)
  • シナジー(相乗効果)
  • ドメスティック(国内の)
  • スキーム(仕組み/枠組み)
  • プライオリティ(優先順位)
  • プロトタイプ(原型/ひな形)
  • プロダクト(製品/製作物)
  • ポテンシャル(潜在的な能力)
  • マイノリティ(少数派)
  • マジョリティ(多数派)
  • モチベーション(動機付け、やる気)

いかがでしたか?

最近ビジネスでよく使われている横文字、カタカナ語でしたが、全て意味を理解していますか?

私は、コンセンサス、プロトタイプあたりの横文字の意味が…(汗)自分で使ったことがまだないですね。

逆に、自分でも以前からよく使う横文字は”モチベーション”や”キャパシティ””ポテンシャル”などでしょうか?

モチベやキャパと略したりもします。

  • 例:自分の仕事へのモチベを上げるためにネイルする。
  • 例:自分のキャパをはるかに超えている
  • 例:あの子のポテンシャルはヤバい…

など、ビジネス以外の日常生活でもよく使う言葉ですね。

ビジネスで横文字を多用するのはなぜ?

横文字ばかり使う人 ウザ

実は私は、新卒で社員の平均年齢が20代というかなり若い世代が中心の会社に就職しました。

上司や先輩から聞き慣れないカタカナのビジネス用語や横文字を聞いてどういう意味だろう?と固まってしまうことも…

横文字で言われたビジネス用語の意味を知って、”なんだ…日本語で言えばいいじゃん!”と思ったこともなんどもあります。

なぜ、ビジネスではカタカナのビジネス用語や横文字ばかりを使うのでしょうか?

ビジネスで横文字を多用するのはデキる風を演出するため?

横文字ばかり使う人 ウザい

ビジネスで横文字を多用するのはデキる風を演出するためであると言えます。

上司や先輩が難しそうな横文字やカタカナのビジネス用語ばかり使っているとなんだか仕事できるんだろうな〜と思ってしまいます。

そして、憧れの先輩や、実際に仕事ができてカッコいい人が横文字を使っているのを見て、自分も使いたい思うビジネスマンがより増えるのかもしれません。

日本語で言えばいいのに!と思う横文字ビジネス用語ランキング!

横文字ばかり使う人 ウザい

あなたが”日本語で言えばいいのに”と思う横文字ビジネス用語にはどんな言葉ばありますか?

実際にビジネスマンにアンケートを実施したところ、こんな横文字やカタカナのビジネス用語がランクイン!

  • 1位 マター(担当) 
  • 2位 スキーム(枠組み) 
  • 3位 アジェンダ(やるべきことを事前にまとめたもの)
  • 4位 プライオリティー(優先順位)
  • 5位 ディシジョン(決定)

ビジネスマンが思う”日本語で言えばいいのに”と思う横文字ビジネス用語ランキングの堂々の1位はマターという横文字でしたね。

マターは、ビジネス用語で担当すべき仕事、責任があることの意味で使われます。

マターという横文字の使い方の例としては

  • 部署名や人物名の後に、○○マターと加えて使う
  • 部署名に加えてマターを使う
  • この案件、誰のマターだっけ?

という感じです。

あなたの職場では”日本語で言えばいいのに”と思う横文字ビジネス用語が登場しますか?

横文字ばかり使うのは…バカ?横文字やカタカナのビジネス用語に否定的な意見は?

横文字ばかり使う人 ウザ

周りが知らない横文字を多用することは、かっこいいという意見よりもバカだという否定的な意見もあるようです。

なぜ、横文字ばかり使うことはうざいと思われたり、バカだと思われたりと何かと否定的にみられがちなのでしょう?

横文字やカタカナのビジネス用語に否定的な意見をまとめてみました。

横文字やカタカナのビジネス用語に否定的な意見まとめ

横文字ばかり使う人 ウザい

横文字やカタカナのビジネス用語ばかり使う人がウザい、バカだと思う理由は次のようなものがあります。

  • カッコつけてるとしか思えない
  • 上から目線の感じがする
  • 本当に意味がわかっているのか不明
  • 横文字の連発は逆に幼稚に映る
  • 日本語のほうが理解しやすい
  • 横文字である必要性をまったく感じない

何でもかんでも英語に変換してカッコいい言い方にしようとするのは日本人特有の感覚なのかもしれませんね。

日本語のほうが言いやすいのに何で英語なのか不明な横文字やカタカナのビジネス用語も多いです。

ビジネス上で情報をしっかり共有しないと行けない時には結局横文字から日本語言い直していているようでは意味がないですよね?

使い慣れない横文字を使いたくなる気持ちもわかりますが、周りがその横文字をどれだけ理解しているかを考える必要がありそう…

横文字ばかり使う人はうざい?やたら多用するビジネスカタカナ語や横文字一覧!まとめ

横文字ばかり使う人 ウザ

仕事がデキると思われたい!かっこいいと思われたい!というような理由から横文字や覚えたてのビジネス用語をついつい使いたくなりますよね?

ただし、横文字やカタカナのビジネス用語は本来の意味とは違った意味で使っていることも多いので注意が必要です。

自分できちんと意味を説明できない横文字やカタカナのビジネス用語については、きちんと意味や使い方を調べてみましょう。

正しい知識を身につけて適切に新しい横文字を使うことができれば、周りからも横文字ばかりでウザい、バカだとは思われないはず…!

最後までお読みいただきありがとうございました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です