カクテルは甘い方が強い?弱い?バーで人気のおすすめフルーツ系とミルク系!

カクテル 甘い 強い 弱い




こんにちわ。

お酒が飲めるようになったし、仕事にも慣れてきたし、そろそろ大人の嗜みとして、一度くらいはお洒落なバーにも行ってみたいですよね?

学生の時に行った、居酒屋さんやカラオケのカクテルならわかるけど、バーに行っても何を頼んでいいかわからなかったり…。

カクテルって甘いイメージだけど、正直アルコール度数が強いのか弱いのかもわからないし…。

など、興味はあるけど、少し不安な気持ちわかります!

私もカクテルの甘さに油断して、失敗したことがありますので(笑)

今回はそんな、油断できない『甘いカクテル』のご紹介です。

甘いからってなぜ油断しちゃダメなの?や、バーで人気のフルーツ系やミルク系のおすすめカクテルについてご紹介していきます!

では参りましょう!




カクテルは甘いほうが強い!甘さにだまされると痛い目に…

グラスに注目

カクテルのグラスが小さいのはなぜか…。

もうおわかりですね!

アルコール度数が高いからです(笑)

お酒​✕お酒

ベースのお酒​✕リキュール(フレーバーのお酒)

そう!簡単です!

お酒とお酒を組み合わせているのでアルコール度数が高くなるのです!

そして、甘いカクテルは口当たりが優しいし風味も甘くて油断しがちなので飲みすぎてしまうのです!

弱いものもあります

カクテルは8度以下のものが弱いお酒の部類になります。

ちなみにカルーアミルクなどは8度以下と低めですが、ビールは4~5度ですからお酒の中では強い方だと言えます。

私はもともとお酒は強い方ですが、甘いカクテルを弱いお酒と思い込んでました。

若い頃は飲む加減がわからなくて、甘いことをいいことに飲みすぎて、記憶がなくなったこともしばしば (汗)

今ではいい思い出ですが、あの頃人気のあった甘いカクテルと、今人気のある甘いカクテルはちがうのでしょうか?

では、人気のおすすめカクテルご紹介して行きたいと思います!

カクテル 甘い 強い 弱い

バーで飲むならこのカクテル!人気の私のおすすめカクテル

私は今でこそバーで飲む時はカクテルではなくウイスキーになりましたが、味の違うものを飲みたくなると甘いカクテルをバーテンさんと話しながら作ってもらいます。

そういったコミュニケーションもできるようになるとバーにも行きやすくなりますよ!

やはり定番から

私個人的には、やはり定番のものが人気のカクテルが多い気がしますね。

それってカクテルを知っていくには大切だと思うんですよね。

ということで私のオススメは『マティーニ』

響きが少し古い気もしますが、このマティーニって、お店によってというか、作る人によって全然違うんですよ。

たぶんレシピは一緒だと思うんですがグラスだったり温度だったりするんでしょうか?

オリーブ一つで味が変わるの?っていうことが感じられるのでオススメです。

マティーニが好きって人が今も昔も結構聞くのでずっと変わらず人気なんだと思います。

最近の流行りはフレッシュフルーツ!

100%ジュースを使うのではなくフレッシュフルーツを使ったカクテルが5年ほどで一気に流行ったと思います。

何年か前まではミキサーとかバーで見なかった気がするんですよね。

フレッシュフルーツカクテルの名前は決まってない気がしますが、旬のフルーツを使ったものはお酒を楽しむというより季節を楽しむ感が私は好きです。

やっぱり、ジュースよりフレッシュフルーツの方が断然美味しいと思ってます!

また、お酒にお酒を組み合わせるカクテルよりはフレッシュフルーツはアルコール度数を調整しやすいと言えるので、お酒に弱い人にもオススメです。

今日はなんのフルーツがあるのかを聞いてみて注文するのもオススメです。

バーテンさんと話してみる!

バーテンさんはだいたい女の子には優しいです(笑)

なので少しだけ勇気を出して、素直にわからないことを伝えましょう。

そうすると、好みやどんな感じのが飲んでみたいのか?など聞いてくれます。

やはりバーテンさんはお酒の事は詳しいですから色々と教えてくれます。

お酒のことを聞いてみたり、会話も広がったりして、だんだんと自分の居心地のいいバーになるんだと思います。

バーテンさんがカッコイイと、本当に癒しの空間になります(笑)

オリジナルカクテルを作ってもらおう!

少しバーに慣れてきたらバーテンさんに、その場でオリジナルのカクテルを作ってもらいましょう!

例えば、『あまり強くないやつで、少し甘いやつで、キウイを使って欲しいな。』という感じ。

レシピ通りに作ってくれる人もいるし、バーテンさんのセンスでベースのお酒を選んでくれるので、こんな楽しみ方もおすすめです。

ちなみに私は昔『甘くなくて酸っぱくないカクテルが飲みたい!』と注文したら、一言で言うと歯磨き粉みたいな味と香りのカクテルが出てきました。

正直まずかったです(笑)

私の注文の仕方が悪かったのか、バーテンさんのセンスなのか未だにわかりません…。

では、最近人気の甘いカクテルは、お肌にも嬉しいビタミンも取れる、健康的なカクテルがあるのでご紹介したいと思います!




人気の甘いカクテルは大きく分けると2種類!フルーツ系とミルク系

今も昔も人気の甘いカクテルはやはりフルーツ系とミルク系ではないでしょうか?

一昔前はリキュールで甘いカクテルを作るのが主流でしたが、最近ではフレッシュなフルーツを使った甘いカクテルが流行っているようです。

ビタミンも取れそうだし、甘いカクテルなのに体に良さそう!と思うとより一層美味しく感じますね!

カクテル初心者でも、人気のフルーツ系とミルク系を押さえておけば、なんとなく味も想像しやすいと思うので、この二つを押さえておけば大丈夫です!

フルーツ系

『フルーツモヒート』

スイカやキウイなど季節のフルーツを潰してライムジュースとホワイトラム、クラッシュ氷をミキサーにかけたものです。

スムージーのような感じで、すごく体が喜びそうですよね!

お酒なのに体にいい!と感じてしまうのは私だけでしょうか?(笑)

カクテルということを忘れて飲みすぎてしまいそうですね。

ミルク系

やはりミルク系は初心者には人気ですがミルク系といっても沢山あります!

『カルーアベリー』

カルーアミルクはとても有名ですが、カルーアにミルクとフランボワーズリキュールを組み合わせた『カルーアベリー』名前も可愛い甘いカクテルです。

『ビターカルーアミルク』

カルーアミルクにインスタントコーヒーをトッピングしただけですが、コーヒーの香りをさらに楽しめる甘いカクテルなのでオススメです。

フルーツ系とミルク系のいいとこ取り

フルーツ系とミルク系のいいとこ取りの『ルジェブルーベリーミルク』なんていかがでしょう。

ルジェクレームドブルーベリー、牛乳、いちご、ブルーベリー

もはやこれはデザートです♪

飾りのフルーツは食べてイイの?

甘いカクテルのグラスには飾りでフルーツがついてくるときがありますが、これってどうするんだろうって思うときありますよね。

オレンジやメロンなどは食べちゃって大丈夫です。

ライムなどは好みで絞りましょう。

絞った後はグラスの中に入れちゃって大丈夫です。

マティーニに入ってるオリーブも食べて大丈夫。

というより、むしろオリーブを食べて、お酒の味の変化を楽しみましょう。

グラスの下に沈んでる赤いチェリーも食べて大丈夫ですが、あくまでもスマートに(笑

カクテル 甘い 強い 弱い

甘いカクテルの中でもシェイクしないものもあるの?

甘いカクテル=シェイクと思ってる人も多いんではないでしょうか?

実は、カクテルはシェイカーでシャカシャカと振らなくてもカクテルになります。

材料は同じでも、名前が違うカクテルもあります。

では、なぜシェイクするのでしょうか?

カクテルを冷やして飲みやすくする

人間は冷たいもの、温かいものをおいしく感じるようにできています。

ビールがキンキン冷えていた方がおいしく感じるのと同様に、カクテルも冷えていた方がおいしく感じますよね?

そもそも、甘いカクテルもアルコールなので、ものによってはキツく感じます。

しかし、これらの甘いカクテルも冷やすことで、より飲みやすくなります。

シェイクは、材料と氷をシェイカーの中に入れて行いますから、キンキンに冷えたカクテルが出来上がります。

シェイクを行うことで、カクテルをしっかりと冷やし飲みやすくしているのです!

確かにぬるいカクテルなんて美味しくなさそう。。。

カクテルグラスも様々だけど、小さいって思ったことありませんか?

あれは、甘いカクテルを一番美味しい状態で飲みきれるサイズなのかもしれないですね!

お酒のカドをとる

甘いカクテルに使うお酒はアルコール度数の高いものもあります。

組み合わせによっては、お酒の個性が強くなりすぎてエグ味を感じることがあります。

しかし、シェイクして、しっかり混ぜ合わせることによって、お酒のカドがとれ、味がまろやかになります。

例えばジンにライムジュースを入れればジンライムになりますが、これをシェイクするとギムレットというカクテルになります。

どちらが飲みやすいかと言ったら、個人差はありますが、私はギムレットの方が飲みやすいです。

バーに行った際に是非試してみましょう!




甘いカクテルをおうちやBBQでも楽しもう!

最近は『宅飲み』や『ホームパーティ』を楽しんでる人も多いですよね。

私は飲みに行くのも好きですが、友達と持ち寄りでワイワイと楽しむのも大好きです。

そんな時に、簡単でお洒落な甘いカクテルのレシピがわかれば、もっと盛り上がるはずです!

『シェイカーがなくても大丈夫』

前でご紹介しましたが、シェイカーでシャカシャカしなくても甘いカクテルはつくれます。

スーパーでも手に入るもので、お洒落な甘いカクテルを作ってみましょう!

サングリア

ワイン​✕オレンジジュース

ワインにオレンジジュースを入れちゃえばイイのです。

安いワインだって甘いカクテルに変身して美味しく飲めちゃいます♪

季節のフルーツを入れるともっとクオリティが上がって、お洒落なサングリアでインスタ映え間違いなし!

簡単にオリジナルサングリアの出来上がり!

モヒート

バカルディ(ラム)​✕炭酸​✕フレッシュミント​✕ライム、お好みでガムシロップ。

簡単なので宅飲みや、BBQでも大活躍!甘すぎないすっきりとしたモヒートはフレッシュミントとライムで、バーに負けない美味しさです!

ゴットファーザー

ウイスキー​✕アマレット3:1

ちなみにアマレットは杏のような香りのするリキュールで、杏仁豆腐の匂いです。

ゴットファーザーはかなり渋い名前ですが、女の子に好まれる甘いカクテルと言えそうです。

レッドアイ

ビール​✕トマトジュース

ビールに飽きたらレッドアイ。

ビールにトマトジュースを入れるだけなのでとっても簡単。

こちらは甘くありませんがトマトは体にもお肌にもイイし、トマトにはアルコールの分解酵素が含まれるので二日酔いになりにくいと言われてます!

レシピアプリもある!

甘いカクテルを色々と飲んでみると、どんなレシピがあるか気になりますよね。

アプリに投稿されてる甘いカクテルは、レシピも載ってますが、見た目が美しい!

なので、見ているだけでも楽しめそうです。

カクテル 甘い 強い 弱い

カクテルは甘い方が強い?弱い?バーで人気のおすすめフルーツ系とミルク系!まとめ

カクテルは甘い方が強いということがわかりましたね?(笑)

甘いから弱いってことではないんですねd(^_^o)

でも、甘いカクテルの種類は無限大です。

流行りのフレッシュフルーツなどでも甘いカクテルは楽しめるので、バーで少し大人の気分を味わってみてくださいね!

ではまた。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です